読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒の湖、肉の森

アラサーなんちゃって起業家が起業・投資・女の子について語ります

僕の悪い癖

日常の話 投資の話 起業の話 女の子の話

こんなにも忙しいのに、ついにはてなでブログを開設してしまった。

平日の真昼間だから、もちろん仕事中である。

隣には24歳のWebデザイナーの女の子。

逆隣には同じく24歳のコーダーの男の子。

そしてその間にいるのが・・・・

なんちゃって取締役の僕である。

 

・・・

 

僕と友人Nで起業して、そろそろ3年がたつ。

代表はその友人Nがやっているので、僕には特にポジション名がついていない。

起業したてのころ、営業出身だったこの友人Nは主に営業活動を行い、広告出身だった僕は広告媒体制作などを幅広く担当していた。
 

・・・

 

ともあれ、僕とその友人は、3年で9割つぶれるという熾烈なベンチャー業界の中で、しぶとく生き抜いてきたのである。

そして、この3~4月は、新しい事業の立ち上げやなんやで本当に忙しかった。

月に500時間近く働いた。

そして5月になって、忙しさが落ち着いて、僕の悪癖がヒョコっと顔を出した。

 

僕は、切羽詰るまではまるっきりパフォーマンスを出せない人間なのだ。

 

とりあえず今日。

僕は出社だけは一番早い。大体7時過ぎには出社する。

そして、Yahooニュースや証券口座の含み益をチェックした後、LINEマンガでお気に入りのマンガを一通り見る。

 

要するに、いつもの朝はほとんど仕事をしていない。

 

だが、8時過ぎごろを見計らって、同僚にメールで進捗報告などをする。

「朝一から働いてますアピール」のこのメールは、とても重要である。

この辺りの処世術は、サラリーマン時代からの僕の最大の長所だ。

 

上述のデザイナーちゃんとコーダー君は、朝9時前ごろ出社してくるので、今日の作業内容の指示を出した。

ある程度、最低限の進捗は彼らが確保してくれるのだ。

だから、僕は正直何もしなくても、Nや他の社員から見ると、そこそこ仕事をしてるように見える。

 

そして、この有様。

PCに向かって仕事をしている・・・と見せかけて、せっせと記念すべき一記事目を書いている。

この記事は2時間くらいかけて推敲を重ねた。満足である。こんなに文章に時間をかけることは、仕事上ではまずない。

それもそろそろ校了だ。

 

ということで、これからこのブログでは、忙しい業務の隙間を潜り抜けて、起業とか投資とか女の子の話を織り交ぜながら、匿名でゆる~く更新していきます!

 

 

 

 

 

 

な~んちゃって。(そんじゃーね!、のノリで。)