読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒の湖、肉の森

アラサーなんちゃって起業家が起業・投資・女の子について語ります

非効率的な市場で

女の子の話 投資の話

最近、参加した合コンで、

 

f:id:yuto_h:20150516081115j:plain

 

となるような女の子(Aちゃん)が現れまして。

がぜんやる気になったんですが、幸い中の不幸で、以下のようなフォーメーションだったんですね。

あろうことか、2/9の確率である「対角線」を引いてしまったのです。

f:id:yuto_h:20150516183143g:plain

(まあ、こういう図は広告出身者らしく、土日の朝に出社したにも関わらず、その時間をつかってチャチャッと作ってるんですが あと昔先輩に教わったAxisというおしゃれフォントでキメてるんですが)

 

当然、S君とY君がAちゃんをガッチリとキープしてしまい、必然的に僕はBちゃんとCちゃん2人を相手にする、という構図が出来上がりました。

 

このBちゃんが曲者で、

物事をハッキリと二分して考えるタイプのようでして、

Bちゃん的に僕は「ナシ」と判断されたんでしょうね。

 

一生懸命に話題を振る僕を尻目に、隣のAちゃんやCちゃんに内輪ネタで話かけるという、エゲツない合コンつぶしを仕掛けてきてたんです。

 

このままBちゃんの策にハマって撃チンしてはタマりませんので、

こちらとしては乱戦に持ち込むべく、「席替え」を提案したのは言うまでもありません。

そして、思惑通りこういう構図になったのです。

f:id:yuto_h:20150516183207g:plain

ここから、僕の持てる限りの力量で会話を盛り上げようと頑張ったんですが、30分もしたころ、突然Bちゃんが「もう帰る」と言い出しまして、

僕とS君の必死のスクリーンアウトも虚しく、その場はお開きとなったのでありました。

 

 

・・・
 

 

次の日。

はっきり言って、このままでは終われません。

合コンという停滞した市場に突如現れた「超優良株」ですから。

 

彼女は本当に整った顔立ちで、指の先まで本当にきれいで、性格は多少(というかかなり)上から目線でアレだったんですが、生粋の面食いである僕にとってはそんなの全く関係ないんですね。むしろそっちの方がいいっていうくらいで。

 

 

早速、Cちゃんにはストレートに「Aちゃんとお近づきになりたいから」と胸の内を明かしまして、とりあえずAちゃんのLINE IDをゲットしました。

そして僕は間髪いれずにメッセージを送りました。

 

「この間はありがとう!」

(この間20秒)

Aちゃん「こちらこそご馳走になりました^^」(Bちゃんと一緒に、一銭も払わずソッコーで帰った)

(おっ返事が早い!感触いいかも!)

「どう致しまして!」

「今度、またご飯いきましょうよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

(以下、既読もつかず

(翌日、一応既読になりました・・・返事はなし)

 

たいていの場合、こういうリアクションは「あなたに返事するのが億劫」「社会人なら察してね」というシグナルなわけで、

無論、僕も一端の社会人ですのでヒシヒシとそういう空気が伝わってきているのですが、

 

僕もここ数年、ベンチャーで生き残るためにそれなりに泥臭い営業とか交渉ごととかを経験しているので、

こういうときに「鈍感力」を自在に発揮できるようになってるんですね。

 

 

ですから、厚かましくも、追撃のメッセージを送りました。

 

「じゃあ、ランチとディナーならどっちがいいですか?」

 

これはいわゆるダブルバインドっていう、営業のアポ取りでも余裕で使う鉄板のテクニックなんですが、

 

もちろんデートのお誘いにも鉄板で使えるので、この超優良株を押さえるために持てる力の120%を使い果たそうと心に硬く決めた僕は、頭の中身を振り絞ってこのメッセージを送ったのでした。

 

当然、「既読がつくまで半日は我慢してやろう」という心構えであり、

 

かつ、返事が「機会があったらね」とかやんわり断られたときのことを想定して「じゃあCちゃんたちも含めていこうよ!」と「ドア・イン・ザ・フェイス」っていうこれまた営業にも使える鉄板テクニックを使ってやろうと、2~3手先まで考えを巡らしていたんですが、

 

返ってきた返事が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aちゃん「いいよf:id:yuto_h:20150516210052j:plain(キラキラの絵文字が超超超重要)

 

だったので、

結局、Aちゃんから返ってきたのは4文字だけだったという事実には意図的に目を背けながら、

 

次なるデートの計画を、会社で一生懸命立てている、という状況なのです(もちろん、まわりのみんなは一心不乱に仕事をしていると思っていますが、見ているサイトは「食べログ」です)。

 

 

 

このまま順調に事が運ぶには、あと数回ミラクルが必要かもしれません。

ただ、こんな僕でも、超美人の子とうまくいく可能性がないわけではありません。なにせ、

 

男と女の市場は、そこまで「効率的」ではないんでね。

 

 

ま、今回の件で、効率的市場仮説とか勉強するヒマがあれば、合コンで使える雑学でも勉強してたほうが「費用対効果めっちゃいいじゃん!」って思いました。

 

僕らは「利回り重視」ですから。

 


 

あと、気付かれた方もいるかもしれませんが、

僕のこの文章の文体は、敬愛する「水野愛也先生」の「ウケる日記」をオマージュしています(もっとも、水野先生であればオマンジュとおっしゃるでしょうが)。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、Aちゃんにも「自分は土日も仕事」という忙しいキャラで通しているので、

 

今日の夜11時に、再度メッセージを送ります!